ブログ サエキカズ ミ

輝いていたと言われた時代もはるか過去 俺を見つけてくれてありがとう

所有する3台全てのMacがmacOS Montereyに

自分はMacを3台所有している。今は戸建である実家の7畳の部屋1室だけが自分の空間なので、その狭い空間に3つあるわけだ。3つ、なければならない。例えば超高性能なら1台で済むとか、スクリーンの数が多ければ済むとかにはならない。3種3台、どのMacが欠けてもだめだ。全てが自分の日常にとって必要不可欠なもの、それがあっての生活、いや、生き方をしている。

生き方の話はいずれ。まず、2017年モデルの27インチiMacをメインマシンとしデスク上にサブモニタと共に置かれている。そして、今年のM1 MacBook Airが、デスクに向かって作業している時に画面が見える場所、左斜め上なのだが、そこに据え置きのように設置されている。

f:id:x5gtrn:20211119215728j:plain

キーボードに手が届かないため、そのMacBook Airの操作は Synergy を使ってiMacから、iMacに繋げているキーボード・マウスで操作している。

最後に、2017年モデルの12インチMacBookをモバイル用として所有している。外にMacを持っていく必要がある場合も基本的にはこれを持っていく。また、自分の部屋内及び実家内の好きな場所で、例えば膝に置いて使えたりするのもこの12インチMacBookだけとなる。

今日は、メインマシンである27インチiMacにだけまだ行っていなかった、macOS Montereyへのアップグレードを行なうことに決め、それが完了するのに朝から始めて昼過ぎまでかかった。なぜかプログレスが止まる、という現象が発生。一時的に止まっているだけでしばらくすると動き出すのか、それとも完全にフリーズしているのか、区別がつかず、フリーズとみなしてのやり直しを何度も行なったため、大幅に時間がかかってしまった。


macOS Montereyが持つ新機能のひとつに AirPlayレシーバー機能 がある。

と知ったように言っているが、そのことに気づいたのが昨夜だ。既にアップグレードしている2台のMacから気づいた。27インチiMacの画面に、iOSデバイスのミラーリングができるようになれば面白いことができるなとアイデアを思いついたので、この機能目当てでアップグレードを今日したわけだ。

が、アップデートが完全に問題なく完了後、27インチiMacを見てみると、他2台にはあるその設定項目が、ない。どうやら、2017年モデルのiMacはその機能の動作対象外だったようだ。

この機能はiOSデバイスより大きい画面でiOSデバイスの表示をさせたいためにある。それなのに、2017年モデルの12インチMacBookでは使え、なぜ同年の27インチという最大サイズの画面を持つiMacでは使えないのか、理由に想像がつかない。

いや、想像もしてない。できないことは仕方がない。今日、これをきっかけで所有する全てのMacのOSを最新にすることができた。必要作業に困る互換性の問題は今のところ見つかってないのでひと安心。